ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 坂本龍馬・男の値打ち 最後まで諦めなかった”男の凄さ”

  • 坂本龍馬・男の値打ち 最後まで諦めなかった”男の凄さ”

坂本龍馬・男の値打ち 最後まで諦めなかった”男の凄さ”

  • 芳岡堂太/著 芳岡 堂太(ヨシオカ ドウタ)
    1947年、福島県生まれ。本名・門田芳夫。1971年、早稲田大学法学部卒業。『汚物袋』で「ワセダ賞」を受賞。『メビウスの帯』で第二回横溝正史賞入選

  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-8379-2346-6
  • 発売日
    2009年12月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 勝海舟が、西郷隆盛が、桂小五郎が惚れた!敵も味方も一目置いた凄い器量。なぜすべての男たちが、体制、反体制、藩を超え、龍馬にだけ心を開いたのか?組織も後ろ楯もない、エリートでもない一介の脱藩浪人が、不可能と思われた「薩長同盟」を成し遂げ、「大政奉還」への道を開いた秘密がここにある。
目次
第1章 「バカ」を演じられる男の凄さ
第2章 龍馬という男の「器」の深さ
第3章 子供の心で外が見えるか
第4章 他人のために腹を切れるか
第5章 「人望」―敵も味方もなぜ龍馬には心を開いたのか
終章 「我死するときは、命を天に返し…」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
版数 新装新版

ページの先頭へ

閉じる

  • 坂本龍馬・男の値打ち 最後まで諦めなかった”男の凄さ”
  • 坂本龍馬・男の値打ち 最後まで諦めなかった”男の凄さ”

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中