ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ほかならぬ人へ

拡大

  • ほかならぬ人へ

ポイント倍率

ほかならぬ人へ

  • ISBN
    978-4-396-63328-8
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛の本質に挑む純粋な恋愛小説。愛するべき真の相手は、どこにいるのだろう?「恋愛の本質」を克明に描きさらなる高みへ昇華した文芸作品。第22回山本周五郎賞受賞第一作!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「だけどさ、アキちゃんの奥さんって偉いよね。ちゃんと戻って来たんだから。いまだってきっといろんなぐちゃぐちゃした思いはあるんじゃない。それでもやっぱり自分にとってアキちゃんがベストの相手だって気づいたから帰ってきたのかな」 そう言われると「そんなことはないだろう」と明生は当たり前に思う。明生自身もなずながベストの相手だとは思えなくなっていた。 「何か証拠があるんだよ」 気づくと明生はそう口にしていた。 「証拠?」 渚が訊き返してくる。 「うん。ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」 「それ本当?」 「たぶんね。だってそうじゃなきゃ誰がその相手か分からないじゃないか」 「だからみんな相手を間違えてるんじゃないの」 「そうじゃないよ。みんな徹底的に探してないだけだよ。ベストの相手を見つけた人は全員そういう証拠を手に入れてるんだ」 「そうかなあ」 渚が再び疑問を呈する。 「渚には靖生兄貴が必要な人だけど、靖生兄貴には麻里さんが必要なんだ。でも、そういうときには両方とも間違っているんだよ。ほんとは2人ともベストの相手がほかにいるんだ。その人と出会ったときは、はっきりとした証拠が必ず見つかるんだよ」 いままで思ってもみなかったことが口からすらすら出てきて、明生は内心びっくりしていた。 「ふーん」 「だからさ、人間の人生は、死ぬ前最後の1日でもいいから、そういうベストを見つけられたら成功なんだよ。言ってみれば宝探しとおんなじなんだ」

ページの先頭へ

閉じる

  • ほかならぬ人へ

拡大

  • ほかならぬ人へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中