ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 河の流れのように

  • 河の流れのように

河の流れのように

  • 遠藤順子/著 遠藤 順子(エンドウ ジュンコ)
    1927年、実業家・岡田幸三郎の長女として東京に生まれる。慶應義塾大学仏文科卒業。在学中に遠藤周作と出会い、1955年、結婚。翌年、長男・龍之介を出産、カトリックに入信。以後、夫の作家活動と闘病生活を支える。1996年9月29日、遠藤周作逝去。後、「死は終わりではない」「心あたたかな医療」「日本人の心に届くキリスト」の三つの課題を「夫の宿題」として、その遺志を受け継ぎ、種々の活動に精力的に取り組んでいる

  • ページ数
    156p
  • ISBN
    978-4-7896-0682-0
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人生には、山あり、谷あり、せせらぎの歌を奏でる時もあれば、泡立ち、押し寄せ、砕け散る波のような時も…。振り向けば、神からの、人からの、恵みでいっぱい。著者は、長い人生のなかで遭遇したさまざまなできごとをつづって、飽きさせない。夫・遠藤周作の宿題にとり組み続けてきた著者が、今、「自分史」を語る。
目次
年々花は変わらず、歳々人は同じからず
クロの話
文化の伝承は親の責任
国語が危ない
海から聞こえた声
愛語は愛心より出づる
「おうち」と「おそと」
お菓子の守護神
子どものころのお正月
ゼロ歳などという人間はいない〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 河の流れのように
  • 河の流れのように

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中