ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エレーヌ・ベールの日記

拡大

  • エレーヌ・ベールの日記

ポイント倍率

エレーヌ・ベールの日記

  • エレーヌ・ベール/〔著〕 飛幡祐規/訳 ベール,エレーヌ(Berr,H´el`ene)
    1921年、ユダヤ系フランス人の名家に生まれる。父は化学企業キュルマン社副社長。ソルボンヌ大学で英文学の修士号を取得。1942年4月、日記を書き始め、ナチス・ドイツ占領下のパリでの生活と、日に日に強まるユダヤ人迫害の様子をつづっていく。1944年3月8日、両親と共に自宅で逮捕される。ドランシー収容所からアウシュヴィッツへ、さらにはベルゲン=ベルゼン収容所に移送される。1945年4月初め、同収容所で死去

    飛幡 祐規
    1956年東京都生まれ。文筆家、翻訳家。74年渡仏、75年以後パリ在住。パリ第5大学にて文化人類学、パリ第3大学にてタイ語・東南アジア文明を専攻

  • ページ数
    347p
  • ISBN
    978-4-00-022281-5
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ナチス・ドイツ占領下、ユダヤ人への迫害が日に日に強まるパリ。ソルボンヌ大学で英文学を学ぶ二一歳のユダヤ系フランス人女性、エレーヌは、自分たちをとりまく歴史的不幸を書き記すことを自らの使命と信じて、秘かに日記を書きつづける。彼女は自分の魂をこめたその日記を、愛するジャンに宛てて綴る。彼女は迫害を生き延びられなかったが、日記は奇跡的に散逸を免れ、戦後、数々のドラマを辿って本国で二〇〇八年一月に出版され、大きな話題を呼んだ。「生きていればおそらく、キャサリン・マンスフィールドのような繊細さをもった作家になっていたであろう」(パトリック・モディアノの序文より)と評された文学的感性で綴られたこの日記は、占領下フランスにおけるユダヤ人迫害の現実を、それを生きた当事者の視点から記した史料としても、稀な価値をそなえている。
目次
一九四二年
一九四三年
一九四四年
エレーヌ・ベールのアルバムから
奪われた人生(マリエット・ジョブ)
エレーヌの日記と過ごした私の人生(ジャン・モラヴィエキの手紙)
付録1 結婚した姉に宛てたエレーヌの手紙
付録2 逮捕の日に姉に宛てたエレーヌの手紙
付録3 ドランシー収容所からのエレーヌと母の手紙
付録4 エレーヌ・ベールの読書リスト

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Journal
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • エレーヌ・ベールの日記

拡大

  • エレーヌ・ベールの日記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中