ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由

拡大

  • メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由

メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由

  • デニス・マクウェール/著 渡辺武達/訳 マクウェール,デニス(McQuail,Denis)
    1935年生まれ。オックスフォード大学歴史社会科学部卒業後、リーズ大学で博士号を取得して、同大テレビ研究センター研究員。王立プレス委員会の学術顧問を務めた後、1977年にアムステルダム大学にコミュニケーション学部長として招かれ、現在、同大名誉教授。European Journal of Communicationの創設編集者(1985年~)。マスコミュニケーションの一般理論の構築者として知られ、著書はメディア教育の世界的標準教科書となっている

    渡辺 武達
    1944年生まれ。現在、同志社大学社会学部教授。ハーバード大学客員研究員(2001年)、同志社大学メディア・コミュニケーション研究センター代表(2003‐07年)。市民的利益を重視するメディアと報道の「積極的公正中立主義」を提唱している

  • ISBN
    978-4-8460-0866-6
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,800 (税込:4,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • Publication(公表行為)、Public Good(公共善)、Freedom(自由)という概念を具体化しながらメディアのもつAccountability(責任履行)を膨大な文献を比較検討して理論的に解明する!同志社大学メディアコミュニケーション研究センターのプロジェクト第三弾。
目次
第1部 問題の所在
第2部 メディアの規範理論
第3部 メディアのガバナンス(自律)と公共的役割
第4部 メディアの理論・自由・アカウンタビリティ
第5部 アカウンタビリティの方法と手段
第6部 結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Media accountability and freedom of publication
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由

拡大

  • メディア・アカウンタビリティと公表行為の自由

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中