ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ウイグルの母ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性

  • ウイグルの母ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性

ウイグルの母ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性

  • ラビア・カーディル/著 アレクサンドラ・カヴェーリウス/著 水谷尚子/監修 熊河浩/訳 カーディル,ラビア(Kadeer,Rebiya)
    1948年、現・新疆ウイグル自治区アルタイに生まれる。実業家、人権活動家。起業に成功して中国十大富豪の一人となり、人民政治協商会議委員なども務めたが、ウイグル人の窮状を訴え改善を求めたことで政府に疎まれ、役職を解かれた。1999年、「国家機密漏洩」などの廉で逮捕され、6年間投獄される。2005年、米国に亡命し、現在は夫や子供とワシントンDCに居住。世界ウイグル会議議長および在米ウイグル人協会会長として、ウイグル人の人権を守る運動を主導している

    カヴェーリウス,アレクサンドラ(Cavelius,Alexandra)
    1967年生まれ。フリージャーナリストとして「ブリギッテ」誌、「シュテルン」誌などに寄稿するほか、ノンフィクション作家としてボスニアの少女を取り上げた『レイア』、第2次世界大戦後、ソ連軍に占領された旧東ドイツの貴族の女性を描いた『残っていたのは石だけだった』(共著)の著作がある

    水谷 尚子(ミズタニ ナオコ)
    1966年生まれ。日本女子大学大学院博士課程単位取得満期退学。近現代日中関係史が専門。現在、中央大学、東京女子大学、日本女子大学非常勤講師。著書に、『中国を追われたウイグル人―亡命者が語る政治弾圧』(アジア太平洋賞特別賞受賞、文藝春秋刊)などがある

    熊河 浩(クマカワ ヒロシ)
    翻訳家

  • ページ数
    503p
  • ISBN
    978-4-270-00541-5
  • 発売日
    2009年10月

2,400 (税込:2,592

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 民族の苦難を味わい、家族を慈しみ、同胞のために闘い続ける、伝説的女性の波瀾万丈の半生。
目次
「グレートゲーム」と偽りの約束
砂漠への追放
故郷から遠く離れて―短い幼年時代と少女時代
プロレタリア文化大革命(一九六六年~七六年)―伝統の破壊、人間関係の崩壊
必要は発明の母―洗濯女から億万長者へ
大恋愛と壮大な目標
崇高な目標、膨大な利益、そしてつらい仕打ち
道は歩くことで開ける―商人と政治家としての新しい展望
背を丸めない人だけが、まっすぐ歩くことができる
歯に衣着せぬ物言い―マフィア、殺人、その他の犯罪
「厳打」―状況が先鋭化する
勇気が翼を授けてくれる―「われわれが必要としているのは平和なのです」
逮捕―塀のなかの数年間
政治的再教育―共産党における高尚な道徳について
「私はワシのように出るだろう」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Die Himmelsst〓rmerin
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ウイグルの母ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性
  • ウイグルの母ラビア・カーディル自伝 中国に一番憎まれている女性

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中