ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パフォーマンスの美学

拡大

  • パフォーマンスの美学

パフォーマンスの美学

  • エリカ・フィッシャー=リヒテ/著 中島裕昭/訳 平田栄一朗/訳 寺尾格/訳 三輪玲子/訳 四ツ谷亮子/訳 萩原健/訳 フィッシャー=リヒテ,エリカ(Fischer‐Lichte,Erika)
    1943年、ハンブルク生まれ。ベルリン自由大学人文学部演劇学科主任教授。2002年からはドイツ学術振興会の特別研究チーム「パフォーマンスの諸文化―中世、初期近代、現代におけるパフォーマンス的転回」の座長を務め、08年にはベルリン自由大学にパフォーマンス・カルチャーの国際的な研究センターを立ち上げている

    中島 裕昭(ナカジマ ヒロアキ)
    1957年生。東京学芸大学演劇分野教授、表現コミュニケーション専攻、表現教育コース担当

    平田 栄一朗(ヒラタ エイイチロウ)
    1969年生。慶應義塾大学准教授

    寺尾 格(テラオ イタル)
    1951年生。専修大学教員

    三輪 玲子(ミワ レイコ)
    1964年生。上智大学文学部ドイツ文学科准教授

  • ISBN
    978-4-8460-0328-9
  • 発売日
    2009年10月

3,500 (税込:3,780

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • マリーナ・アブラモヴィッチ、ヨーゼフ・ボイス、ジョン・ケージ、シュリンゲンジーフ、ヘルマン・ニッチュなど数々の作家と作品から、その背後に潜む理論を浮かび上がらせる。
目次
第1章 パフォーマンスの美学の必要性
第2章 概念について
第3章 俳優と観客の身体の共在
第4章 素材性のパフォーマンス的産出
第5章 意味の創発
第6章 出来事としての上演
第7章 世界の再魔術化

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:〓sthetik des Performativen
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • パフォーマンスの美学

拡大

  • パフォーマンスの美学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中