ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フロム・ヘル 下

拡大

  • フロム・ヘル 下

フロム・ヘル 下

  • アラン・ムーア/作 エディ・キャンベル/画 柳下毅一郎/訳 ムーア,アラン(Moore,Alan)
    1953年、イギリスのノーサンプトンに生まれる。コミック原作者として強烈な個性を放つ作品群を世に送り出し(四作品はハリウッドで映画化もされている)、多くのコミック作家や他分野のクリエイターたちに影響を与えている。『ウォッチメン』は1980年代のアメリカン・コミック/グラフィック・ノベルの記念碑的作品となり、ヒューゴー賞(コミック作品が受賞した初の例)を受賞するなど、コミックの枠を越えて高い評価を受けている

    キャンベル,エディ(Campbell,Eddie)
    1955年、スコットランド生まれのコミック作家。オーストラリア在住

    柳下 毅一郎(ヤナシタ キイチロウ)
    英米文学翻訳家・映画評論家。1963年生まれ。出版社勤務ののち、映画評論家に。多摩美術大学非常勤講師

  • ISBN
    978-4-622-07492-2
  • 発売日
    2009年10月

2,600 (税込:2,808

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 上巻で丁寧に用意した数々の物語装置が殺人者の心理の最深部に肉迫するクライマックスへ、さらに濃密な事件の顛末へとなだれこむ下巻。物語を読み終わるすべての読者が、カタルシスを味わうだろう。ホワイトチャペル連続殺人の“史実”を偏執的なほどのストイックさでたどっているが、本作が再現を試みているのはむしろ、ヴィクトリア朝末期の英国社会である。ホークスムアの建築とロンドンの街、フリーメイソン、君主制、階層間の極端な格差などの要素が組み込まれている。スラム街の娼婦から女王まで、すべての階層に充満する不安とパラノイアの底に、革新と大量殺戮の20世紀が準備されつつある時代。それらの要素の結節点として一つの殺人事件を描きながら、歴史と神話の構造への畏怖と眩暈が表現される。巻末には補遺として、各ページの註解と、切り裂きジャックをめぐる言説をテーマにした短編が付録されている。著者のねらいや、埋め込まれた仕掛け、サイド・ストーリーを味わい尽くすための手がかりが、この補遺にある。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル その他シリーズ
サイズ 26cm
原題 原タイトル:From hell
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • フロム・ヘル 下

拡大

  • フロム・ヘル 下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中