ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • モノの越境と地球環境問題 グローバル化時代の〈知産知消〉

拡大

  • モノの越境と地球環境問題 グローバル化時代の〈知産知消〉

モノの越境と地球環境問題 グローバル化時代の〈知産知消〉

  • 窪田順平/編 窪田 順平(クボタ ジュンペイ)
    総合地球環境学研究所准教授。専門は水文学

  • シリーズ名
    地球研叢書
  • ISBN
    978-4-8122-0933-2
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 経済のグローバル化が進むなか、食料や木材など資源の越境移動がますます活発になっている。その最大の恩恵を受けているのが私たち日本人だ。しかし一方で産地では何が起きているのか?私たちは無関心のままでいいのか…。
目次
序章 モノがつなぐ地域と地球
第1章 食料―エビの風景
第2章 木材―アムールトラの棲む森はいま
第3章 水―日本に輸入される大量の「仮想水」
第4章 廃棄物―ごみの行方を追う
第5章 感染症―この不安をどう乗り越えるか?
第6章 地産地消から知産知消へ―つながりという「関係価値」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • モノの越境と地球環境問題 グローバル化時代の〈知産知消〉

拡大

  • モノの越境と地球環境問題 グローバル化時代の〈知産知消〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中