ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故 鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

  • ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故 鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故 鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

  • ISBN
    978-4-86330-034-7
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,000 (税込:3,300

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 技術者は事故から何を学ぶのか?ドイツ鉄道史上最悪の大惨事といわれた1988年のICE‐1脱線事故から丁度10年、再び起きた最新の高速新幹線ICE‐3の脱線事故(2008年6月)にドイツ鉄道関係者は慄然とした。再発は防げなかったのか?両事故の教訓を今後どう生かすか?鉄道技術者のみならず、機械・構造物の開発・保守に携わる技術者、金属疲労を学ぶ学生に必携の書。
目次
第1章 ドイツICE‐3脱線事故
第2章 欧州における車軸の設計基準
第3章 疲労亀裂の進展と検査周期―なぜ車軸の検査周期は30万kmであったのか
第4章 車軸圧入部の疲労亀裂の進展
第5章 ICE‐3車軸の疲労破壊原因
第6章 車軸は疲労限度設計か有限寿命設計か
第7章 ICE‐3ケルン脱線事故の真相

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故 鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか
  • ドイツ高速鉄道ICE-3ケルン脱線事故 鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中