ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ノーマン・ボーローグ “緑の革命”を起した不屈の農学者

拡大

  • ノーマン・ボーローグ “緑の革命”を起した不屈の農学者

ポイント倍率

ノーマン・ボーローグ “緑の革命”を起した不屈の農学者

  • レオン・ヘッサー/著 岩永勝/監訳 ヘッサー,レオン(Hesser,Leon)
    第2次世界大戦中、10代で出征し、占領軍の一員として日本に渡る。戦争が終わると結婚し農場を営むが、30歳になったときパデュー大学に入学。農業経済学を専攻し、同大学で博士号を取得。1966年から外務省に勤務し、パキスタンに赴任。飢餓が広がっていた同国で、米国政府の技術支援プログラムを率いる。ノーマン・ボーローグ博士を支援し、博士の開発した高収量型小麦の種子と生産技術を導入した。パキスタンでの勤務のあと、食糧生産量を増やすための世界的プログラムに携わる

    岩永 勝(イワナガ マサル)
    1951年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。米国ウイスコンシン大学にて農学博士号を取得。現在、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所所長。専門は植物遺伝育種学および国際開発論。過去30年間、海外(米国、ペルー、コロンビア、イタリア、メキシコ)で研究生活を送る。2006年に「日本農学賞」を受賞

  • ページ数
    272p
  • ISBN
    978-4-903487-30-4
  • 発売日
    2009年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “現場”でのたゆまぬ品種改良努力の結果うみだされた“奇跡の小麦”(小麦さび病に強く、矮性かつ早生で、高収量の小麦)を武器に、まずはラテンアメリカで、次いでインド亜大陸で、さらにアフリカで中国で、次々と引き起こされた“緑の革命”の中心人物となり、飢餓に苦しむ数億人の人々を救い、世界平和に貢献したとして、一九七〇年、ノーベル平和賞を受賞した農学者、ノーマン・ボーローグの生涯。
目次
アイオワの農場育ちの少年
ミネソタ大学の新進科学者
ロックフェラー財団からの挑戦
ボーローグ、画期的な小麦育種プログラムをつくる
ロックフェラー財団のメキシコ・プログラムは海外へ
インドの食糧危機を回避
緑の革命の父
孤独と闘うマーガレット
研究と研修の世界的ネットワークが誕生
ノーベル平和賞
世界食糧賞の設立
中国でのボーローグ
ボーローグとジミー・カーター、アフリカ援助に立ち上がる
100億人に食糧を
特別招聘教授
ボーローグの遺産
謙虚な「飢餓と闘う英雄」の思い出

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:The man who fed the world
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ノーマン・ボーローグ “緑の革命”を起した不屈の農学者

拡大

  • ノーマン・ボーローグ “緑の革命”を起した不屈の農学者

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中