ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 花嫁の身の代金

拡大

  • 花嫁の身の代金

花嫁の身の代金

  • アン・ヘリス/著 杉野さつき/訳 ヘリス,アン(Herries,Anne)
    美容師として働くうちに生来の想像力が鍛えられ、小説執筆の道に開眼したという。イギリスのハーレクイン社から最初の作品を出した1981年以来、約30作のヒストリカル・ロマンスを刊行している。イギリス摂政時代の社交界、中世の古城、オスマン帝国のハーレムと、さまざまな時代を舞台に物語を紡ぐ。英国ケンブリッジ在住

  • シリーズ名
    ハーレクイン文庫 HQB-248
  • ページ数
    358p
  • ISBN
    978-4-596-93248-8
  • 発売日
    2009年09月

705 (税込:761

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 16歳の令嬢デボラは国王ジェームズ一世の拝謁の会で、“悪魔”の異名をとるフランス貴族、ド・ヴィア侯爵と出会う。彼は私掠船を率いて海賊同然の行為をしているともっぱらの噂だ。視線だけで女性を陥落させると言われる瞳はたしかに魅力的だが、彼の自信過剰で傲慢な言動には反感を覚える。デボラはぶしつけに誘惑してくる彼を戒めるべく、スペインの良家の令息ミゲル・コルテスと婚約することを告げた。するとその名を聞いた途端、侯爵は目に炎を燃やして言い放った。「わたしはコルテス家のものならなんでも奪う―花嫁でさえも」。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The abducted bride
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 花嫁の身の代金

拡大

  • 花嫁の身の代金

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中