ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 事件記者テッサ 目撃の波紋

拡大

  • 事件記者テッサ 目撃の波紋

事件記者テッサ 目撃の波紋

  • パメラ・クレア/著 中西和美/訳 クレア,パメラ(Clare,Pamela)
    15歳のときにキャスリーン・ウッディウィスの作品“The Flame and the Flower”(邦題『炎と花』ヴィレッジブックス)と出会い、ロマンス小説の魅力に目覚める。大学でラテン語やギリシャ語、古代史などを学んだのち考古学の修士課程に進むものの、作家になる夢を叶えるため、大学院をドロップアウトして新聞記者に転身。以来、事件記者として活躍する。2003年にヒストリカル・ロマンス“Sweet Rellease”で念願の作家デビューを果たす

    中西 和美(ナカニシ カズミ)
    横浜市生まれ。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ク6-2
  • ページ数
    499p
  • ISBN
    978-4-86332-179-3
  • 発売日
    2009年09月

880 (税込:950

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夜更けのガソリンスタンドで起きた十代の少女の殺害事件。偶然現場に居合わせた事件記者のテッサは、銃撃の直前に少女の目に浮かんでいた恐怖とスペイン語で発せられた悲痛な叫びが忘れられず、事件の背後に潜む闇を調査しはじめる。一方、未成年の人身売買組織を追うFBIの覆面捜査官ジュリアンは、殺された少女が組織にいたと知り、記事を書かないようテッサに警告する。危険で謎めいた男ジュリアンに反発を覚えながらもテッサはいつしかその存在に心乱されてゆくが、彼との距離が狭まり真相に迫るにつれ、見えざる魔手が忍び寄り…。デンバーの新聞社を舞台に贈る絶賛シリーズ第2弾。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Hard evidence
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 事件記者テッサ 目撃の波紋

拡大

  • 事件記者テッサ 目撃の波紋

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中