ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 松本重治伝 最後のリベラリスト

  • 松本重治伝 最後のリベラリスト

ポイント倍率

松本重治伝 最後のリベラリスト

  • 開米潤/著 開米 潤(カイマイ ジュン)
    1957年福島県いわき市に生まれ育つ。東京外語大卒業後、共同通信社記者、フリーランス・ジャーナリストを経て株式会社メディアグリッドを設立、その代表に就任。政治、経済、国際問題など幅広い分野でジャーナリスト活動を行うと同時に新しいタイプの「言論メディア」の創造を目指す。月刊誌で評論、ルポルタージュなどを多数発表している

  • ページ数
    445p
  • ISBN
    978-4-89434-704-5
  • 発売日
    2009年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「友人関係が私の情報網です」―1936年西安事件の世界的スクープ、日中和平運動の推進など、戦前・戦中の激動の時代、国内外にわたる信頼関係に基づいて活躍、戦後は、国際文化会館の創立・運営者として「日本人」の国際的な信頼回復のために身を捧げた真の国際人の初の評伝。
目次
序章 今、なぜ、松本重治なのか
第1章 少年時代
第2章 青春の日々
第3章 ふたりの「巨人」
第4章 太平洋の架け橋
第5章 西安事件のスクープ
第6章 日中和平運動
第7章 消えた「撤兵」の二文字
第8章 平和の行方
終章 オールド・リベラリスト

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 松本重治伝 最後のリベラリスト
  • 松本重治伝 最後のリベラリスト

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中