ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人はなぜスポーツするのか

  • 人はなぜスポーツするのか

人はなぜスポーツするのか

  • 海老沢泰久/著 海老沢 泰久(エビサワ ヤスヒサ)
    1950年、茨城県生まれ。国学院大学卒業。同大学折口博士記念古代研究所勤務を経て、著述業に。88年、『F1地上の夢』で新田次郎賞を受賞、94年には『帰郷』で直木賞を受賞した

  • シリーズ名
    ランダムハウス講談社文庫 え2-3
  • ページ数
    295p
  • ISBN
    978-4-270-10319-7
  • 発売日
    2009年09月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1998年、サッカーのW杯フランス大会に初出場した日本代表はなぜ惨敗したのか?日本のゴルフと世界のゴルフはどう違うのか?音速の貴公子・セナは何を見つめて走っていたのか?スポーツにしか宿らない肉体と精神の感応を鋭くえぐりだしたエッセイ集。
目次
第1章 人はなぜスポーツするのか(人はなぜスポーツをするのか
ルールが生む悲喜劇 ほか)
第2章 サッカーというゲーム(四年に一度という絶妙
サッカーの醍醐味 ほか)
第3章 F1ドライバーの精神力(セナ、極限の速さに死す
セナが抜かれた日 ほか)
第4章 野球という仕事(プロ野球・審判員という仕事
球場支配人という仕事 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 人はなぜスポーツするのか
  • 人はなぜスポーツするのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中