ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リンボウ先生のうふふ枕草子

拡大

  • リンボウ先生のうふふ枕草子

リンボウ先生のうふふ枕草子

  • ISBN
    978-4-396-61329-7
  • 発売日
    2009年03月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 誰でも知っている清少納言の「枕草子」の意外な中身が、リンボウ先生の解説で甦る。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

清少納言は言いたい放題!抱腹絶倒、ときにエッチ。そしてホロリなーーんだ、今も昔も、人間の世の中は何にも変わっていないんだ! だから、清少納言は、こう言うのである。暁(あかつき)に帰るのは男として当たり前かもしれない、けれども、だからといって、何の未練もなく、早々と起きてきちーんと身支度なんかして帰るのは、あまりに冷淡な感じがするじゃありませんか、と言うのだ。やっぱり、なかなか起き難(がた)いという気持ちを見せて、いつまでもいっしょに寝床にぐずぐずしてて、いよいよぎりぎりの時間になったら、もうだらしない格好でいいから、身じまいもそこそこに、未練たっぷりに帰っていってほしい、それが女の正直な願いなのであろう。[第63段] <『枕草子』には生きた人間がありありと描かれているなぁ>『枕草子』は、決してわかりにくい難しい「文学」ではなくて、むしろ抱腹絶倒の笑い話だったり、そりゃいくらなんでも言い過ぎではないかと思うくらいの言いたい放題であったり、ときにはエッチでびっくりもさせられるし、そうかと思うとしんみりホロリともさせてくれる。そこを、私はせいぜい言葉をつくしてわかりやすく面白く読者諸君に伝えたいと思うのである。

ページの先頭へ

閉じる

  • リンボウ先生のうふふ枕草子

拡大

  • リンボウ先生のうふふ枕草子

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中