ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ファーブル昆虫記 完訳 第7巻下

  • ファーブル昆虫記 完訳 第7巻下

ファーブル昆虫記 完訳 第7巻下

  • ジャン=アンリ・ファーブル/著 奥本大三郎/訳 ファーブル,ジャン=アンリ・カジミール(Fabre,Jean‐Henri Casimir)
    フランスの博物学者。1823年、南仏ルーエルグ山地のサン=レオンに生まれる。師範学校に進学。教師になってからも独学で数学、物理学、博物学を学び学士号を取得。カルパントラの小学校に勤務したあと、コルシカ島で国立中等学校の物理の教師になり、さらにアヴィニョンでも国立中等学校の物理の教師を務める。そのころから昆虫の行動観察に目ざめ、研究論文を次々に発表。様々な賞を獲得。自宅兼研究所で昆虫の観察に打ち込む。その前後三十年間の記録が『昆虫記』である

    奥本 大三郎(オクモト ダイサブロウ)
    フランス文学者。作家。1944年、大阪市に生まれる。東京大学仏文科卒業、同大学院修了。主な著書に『虫の宇宙誌』(読売文学賞)、『楽しき熱帯』(サントリー学芸賞)、『斑猫の宿』(JTB紀行文学大賞)、ジュニア版『ファーブル昆虫記』(全八巻・産経児童出版文化賞)など。「NPO日本アンリ・ファーブル会」を設立。東京の自宅に昆虫の標本やファーブルの資料を展示する「ファーブル昆虫館」を開館。埼玉大学名誉教授。日本昆虫協会会長

  • ページ数
    417p
  • ISBN
    978-4-08-131014-2
  • 発売日
    2009年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ガの雄は、何に導かれて雌のもとへ飛んでくるのか。博物学の不朽の名著、画期的な個人完訳版。
目次
クビナガハムシ―糞かつぎの幼虫
クビナガハムシと寄生者―習性は発達するのか
アワフキムシ―風の神アイオロスの虫
ヨツボシナガツツハムシ―土の壷を裏返す
ヨツボシナガツツハムシの卵の鞘―親から受け継いだ糞の家
アヒルの沼の思い出―水中の驚異の世界
トビケラの幼虫―水中で鞘のような巣を造る
ミノムシ―鞘の中で雄を待つミノガの雌
ミノムシの鞘―ミノガの幼虫の蓑造り
オオクジャクヤママユ―雄を呼ぶ知らせの発散物
昆虫の嗅覚―ムネアカセンチコゲネムシとトリュフ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Souvenirs entomologiques
対象年齢 一般

商品のおすすめ

ある晩、ファーブルが室内で飼育していた一匹の雌のもとに雄の蛾が群がって飛びこんできました。どうして外の雄に部屋の中の雌の存在がわかったのでしょうか・・・。雄をひきつける物質が存在する?

ページの先頭へ

閉じる

  • ファーブル昆虫記 完訳 第7巻下
  • ファーブル昆虫記 完訳 第7巻下

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中