ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドイツ国防軍の対戦車砲1939-1945 開発/運用/組織編制とソ連戦車に対する射撃効果

  • ドイツ国防軍の対戦車砲1939-1945 開発/運用/組織編制とソ連戦車に対する射撃効果

ドイツ国防軍の対戦車砲1939-1945 開発/運用/組織編制とソ連戦車に対する射撃効果

  • マクシム・コロミーエツ/著 小松徳仁/訳 コロミーエツ,マクシム(Коломиец,Максим)
    1968年モスクワ市生まれ。1994年にバウマン記念モスクワ高等技術学校(現バウマン記念国立モスクワ工科大学)を卒業後、ロシア中央軍事博物館に研究員として在籍。1997年からはロシアの人気戦車専門誌『タンコマーステル』の編集員も務め、装甲兵器の発達、実戦記録に関する記事の執筆も担当。2000年には自ら出版社「ストラテーギヤKM」を起こし、第二次大戦時の独ソ装甲兵器を中心テーマとする『フロントヴァヤ・イリュストラーツィヤ』誌を定期刊行中

    小松 徳仁(コマツ ノリヒト)
    1966年福岡県生まれ。1991年九州大学法学部卒業後、製紙メーカーに勤務。学生時代から興味のあったロシアへの留学を志し、1994年に渡露。2000年にロシア科学アカデミー社会学・政治学研究所付属大学院を中退後、フリーランスのロシア語通訳・翻訳者として現在に至る

  • シリーズ名
    独ソ戦車戦シリーズ 13
  • ページ数
    119p
  • ISBN
    978-4-499-23005-6
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 37mm砲Pak35/36から究極の兵器128mmPak80まで、赤軍部隊と死闘を繰り広げたドイツ軍の主要な対戦車砲のデータ、部隊編制および運用を1冊にまとめて紹介する砲熕事典。Wehrmacht―「ドイツ国防軍」が第二次大戦で使用した対戦車砲を、事典スタイルで解説。ドイツ対戦車砲開発を時系列的にまとめ、ソ連および占領国から捕獲した主要な対戦車砲も紹介。対戦車砲の使用弾薬―榴弾/徹甲弾/成形炸薬弾など―はカラー・イラストを掲載。さらに対戦車砲部隊の組織編制と、赤軍調査データにもとづくソ連戦車T‐34、スターリンに対するドイツ対戦車砲の射撃効果を取り上げる。日本初公開写真・資料を多数掲載。写真108点、カラー図収録。
目次
第1章 ドイツ製対戦車砲(28/20mm対戦車重ライフルs.Pz.B.41
37mm対戦車砲Pak35/36
42mm対戦車砲Pak41 ほか)
第2章 外国製対戦車砲(オーストリア式4.7cm対戦車砲Pak35/36(¨o)
チェコスロヴァキア式37mm対戦車砲P.U.V. vz.37―3.7cm Pak M37(t)
チェコスロヴァキア式47mm対戦車砲P.U.V. vz.36―4.7cm Pak36(t) ほか)
第3章 対戦車砲部隊の編制(歩兵師団
戦車師団
機甲擲弾兵師団 ほか)
第4章 ドイツ対戦車砲の効果

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Противотанковая артиллерия вермахта 1939-1945гг
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ドイツ国防軍の対戦車砲1939-1945 開発/運用/組織編制とソ連戦車に対する射撃効果
  • ドイツ国防軍の対戦車砲1939-1945 開発/運用/組織編制とソ連戦車に対する射撃効果

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中