ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 山田孝雄-共同体の国学の夢

拡大

  • 山田孝雄-共同体の国学の夢

山田孝雄-共同体の国学の夢

  • 滝浦真人/著 滝浦 真人(タキウラ マサト)
    1962年、岩手県生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科博士課程中退。現在、麗澤大学外国語学部・大学院言語教育研究科教授。専攻は言語学・コミュニケーション論。対人関係の言語学として、敬語やポライトネスを主に研究。ほかに、ことば遊び、オノマトペ(擬音語・擬態語)、失語症に関する研究もある

  • シリーズ名
    再発見日本の哲学
  • ページ数
    217p
  • ISBN
    978-4-06-278760-4
  • 発売日
    2009年09月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文法と国学――忘れられた巨人の思想を追う「四大文法」の一角「山田文法」を打ち立てた国語学者であり、国粋主義で知られた山田は、いかなる思想のもとに膨大な著作をのこしたのか。気鋭の研究者が探る。
目次
第1章 国学と国語学―畢生の目的
第2章 文法という思想―喚体・述体とは何だったか
第3章 敬語の「法則」は発見されたか―敬語論と「人称説」
第4章 「敬語」の語り方―山田が遺したもの
第5章 国体と桜―最後の連歌師と“動かぬもの”

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「四大文法」の一角「山田文法」を打ち立てた国語学者であり、国粋主義で知られた山田は、いかなる思想のもとに膨大な著作をのこしたのかを探る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 山田孝雄-共同体の国学の夢

拡大

  • 山田孝雄-共同体の国学の夢

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中