ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 森鴎外と原田直次郎 ミュンヘンに芽生えた友情の行方

  • 森鴎外と原田直次郎 ミュンヘンに芽生えた友情の行方

ポイント倍率

森鴎外と原田直次郎 ミュンヘンに芽生えた友情の行方

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-904049-03-7
  • 発売日
    2008年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 青年軍医森林太郎が小説家森?外へと変身したのは、ミュンヘンで画学生原田直次郎に出会ったことがきっかけだった――若き?外のロマン主義的三部作『うたかたの記』『舞姫』『文づかひ』に込められた二人の青春の記憶と美術的教養を分析し、東京美術学校創立前後の洋画家がおかれた悲劇的状況を語る本書の前半は、明治中期の美術と文学の理解に一石を投じるものでしょう。
     また、二人の共通の友人であるドイツ人画家ユリウス・エクステルに係わる最後の章は、従来、原田直次郎作とされていた《エクステル像》(本学大学美術館蔵)が、実はエクステルの《自画像》であることを論証した重要な美術館年報掲載論文です。大学美術館のデータベースはすでにこの論文に従って作品の帰属を変更しており、美術館関係者にとっても必読の書といえます。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 森鴎外と原田直次郎 ミュンヘンに芽生えた友情の行方
  • 森鴎外と原田直次郎 ミュンヘンに芽生えた友情の行方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中