ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ママンへの手紙 コロンビアのジャングルに囚われて

  • ママンへの手紙 コロンビアのジャングルに囚われて

ポイント倍率

ママンへの手紙 コロンビアのジャングルに囚われて

  • イングリッド・ベタンクール/著 メラニー・デロア‐ベタンクール/著 ロレンソ・デロア‐ベタンクール/著 三好信子/訳・解説 ベタンクール,イングリッド(Betancourt,Ingrid)
    1961‐。コロンビアの女性政治家(フランス国籍も持つ、二児の母)。コロンビアの上院議員として、腐敗政治改革のため身の危険を顧みず闘った。2002年、大統領選に立候補中、コロンビア革命軍(FARC)によって拉致され、以後6年4ヶ月アマゾンのジャングルに人質として捕らえられていた。官民両サイドでの強力な国際的救助運動が行われ、2008年7月、救助された。解放後はフランスを拠点に、世界の苦しむ人々を助けるための「イングリッド・ベタンクール基金」を創設した

    三好 信子(ミヨシ ノブコ)
    明治大学文学部卒業。フランス政府給費留学生として、パリ第7大学修士取得。現在フランスに居住。日仏女性資料センター(日仏女性研究学会)会員

  • ページ数
    187p
  • ISBN
    978-4-7885-1168-2
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 反政府ゲリラに誘拐されたコロンビアの女性大統領候補。『手紙』は、いかにして書かれたか。国際世論を動かした人質解放運動の6年と、コロンビア政府軍による無血救助作戦成功の舞台裏。
目次
コロンビアの歴史
イングリッド・ベタンクールとは誰か?
ママンへの手紙―コロンビアのジャングルに囚われて(前書き
イングリッド・ベタンクールの手紙
私のママンへ)
イングリッド・ベタンクールはなぜ拉致されたか?
イングリッド・ベタンクールおよびその他の人質の救出運動
解放後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Lettres 〓 maman
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ママンへの手紙 コロンビアのジャングルに囚われて
  • ママンへの手紙 コロンビアのジャングルに囚われて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中