ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡

拡大

  • 4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡

ポイント倍率

4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡

  • ページ数
    199p
  • ISBN
    978-4-14-081380-5
  • 発売日
    2009年06月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 受賞理由となった業績をわかりやすく解説するとともに、受賞者1人ひとりのユニークな発想の源とその素顔を明らかにする。
目次
第1章 ノーベル物理学賞受賞 小林誠博士・益川敏英博士(“対称性への情熱”が生んだ奇跡
ふたりを生んだ「名古屋」に秘密あり?
「見えない」研究 ほか)
第2章 ノーベル化学賞受賞 下村脩博士(はじまり
GFPとオワンクラゲ
突きとめた発光のメカニズム ほか)
第3章 ノーベル物理学賞受賞 南部陽一郎博士(世界が待ち望んだノーベル賞受賞
神童と呼ばれた少年時代
夢溢れる東大時代 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

2008年10月、日本が誇る4人の科学者がノーベル賞を同時受賞した。彼等はいかなる研究をし、いかにして偉業を成し遂げたのか。その発想の源は?受賞理由となった「対称性の破れ」「発光物質GFP」とは?旺盛な好奇心から生まれた「ひらめき」を、たゆまぬ「努力」で育んだ軌跡を追うとともに、世界的研究の「中味」をわかりやすく解説する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡

拡大

  • 4つのノーベル賞 発想の源泉・努力の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中