ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いとしの犬ハチ

  • いとしの犬ハチ

いとしの犬ハチ

  • いもとようこ/作・絵 いもと ようこ(イモト ヨウコ)
    兵庫県生まれ。絵本作家。貼り絵の手法による、心あたたまる世界は、幼児からおとなまで、幅広く愛されている。『ねこの絵本』(講談社)、『そばのはなさいたひ』(佼成出版社)で、ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本1』(講談社)で、同展グラフィック賞を受賞する

  • シリーズ名
    講談社の創作絵本
  • ISBN
    978-4-06-132407-7
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で主人を待ちつづけた秋田犬ハチ。「ハチ公」の実話を絵本に。

    【対象】 
     
    小学生くらい
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25×27cm
対象年齢 小学低~中学年

商品のおすすめ

【内容紹介】今日こそ帰ってくると信じて、雨の日も雪の日も、駅で先生を待ちつづけた秋田犬、ハチ。いもとようこのあたたかい絵とともに、世代をこえて伝えたい感動の実話です。【作者からのメッセージ】23年ほど前、私は秋田県・大館のハチ公記念館を訪れました。その時からハチの絵本を創りたいと願ってきました。今回、念願が叶ってハチの絵本を創らせていただきました。10年もの長い年月、雨の日も…風の日も…雪の日も…まいにち、まいにち 渋谷駅で先生を待ち続けたハチ…。先生とハチは「主人と忠犬」というより「大好きなともだち」、だれも中に入れないほどの仲良しだったのではないでしょうか…。ハチは先生が亡くなったことを知らずに、まいにち渋谷駅に迎えに行ったのでしょうか…?ハチはわかっていたのじゃないでしょうか…?ハチは「先生といっしょに生きていく」道を選んだのだと私は思います。最後まで愛し続けたハチ……その愛は今も続いているのです。いもとようこ【読み聞かせ:3歳から ひとり読み:小額低学年から】

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

けなげなハチの態度とかを読んでて、とっても心のあったかになるお話でした。うちの息子は三歳なのでちょっとまだわからなかったみたいです。もう少し大きい子におすすめだと思います。(イカリサンカクさん 20代・石川県かほく市 男3歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • いとしの犬ハチ
  • いとしの犬ハチ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中