ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 一七世紀の光 オランダ建築画の巨匠サーンレダム

  • 一七世紀の光 オランダ建築画の巨匠サーンレダム

一七世紀の光 オランダ建築画の巨匠サーンレダム

  • 持田季未子/著 持田 季未子(モチダ キミコ)
    1947年生まれ。東京大学大学院比較文学比較文化博士課程修了。現在、大妻女子大学教授

  • ページ数
    201,10p
  • ISBN
    978-4-00-023467-2
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高い窓から陽光が降り注ぎ、やさしい光に満ちた教会。比類のない明晰さで静謐な世界を描いた画家の評伝。
目次
序章
第1章 繁栄の都ハールレム
第2章 銅版画から油彩画へ
第3章 「建築画」の探究
第4章 充実の夏
第5章 日常と永遠の間
第6章 光があたる壁、物質への愛
終章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

高い窓から陽光が降り注ぎ、優しい光が教会の中に満ちている。小さくまばらな人影、温かみを湛えた淡いベージュ色のなめらかな壁。比類のない明晰さでサーンレダムが描いた静謐な世界は見る者を魅了する。一七世紀のオランダはカトリックとプロテスタントが混在しながら資本主義の先端を行き、市民社会が繁栄していた。近代の曙光射すヨーロッパの精神に触れる本邦初の評伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • 一七世紀の光 オランダ建築画の巨匠サーンレダム
  • 一七世紀の光 オランダ建築画の巨匠サーンレダム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中