ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 放蕩貴族の恋の賭け

  • 放蕩貴族の恋の賭け

放蕩貴族の恋の賭け

  • パトリシア・ワデル/著 辻早苗/訳 ワデル,パトリシア(Waddell,Patricia)
    未来ものロマンスやヒストリカル・ロマンスのジャンルを得意とする。ロマンティック・タイムズ誌のベスト・フューチャリスティック・ロマンス賞受賞者。シンシナティ大学卒。会計士としてフルタイムで働いたあと、ロマンス小説の執筆をしている。現在は夫とふたりでフロリダ州に住む

    辻 早苗(ツジ サナエ)
    東京生まれ。大阪外国語大学英語科卒。メーカー勤務後、実務翻訳を経て出版翻訳に従事

  • シリーズ名
    オーロラブックス ワ1-2
  • ページ数
    430p
  • ISBN
    978-4-7767-9549-0
  • 発売日
    2009年08月

848 (税込:916

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1863年夏。グランビー伯爵は放蕩者の名にふさわしい日々を過ごしていた。女性を情事の相手としか見ていない彼は、田舎まで追いかけてきた未亡人から逃れるべく、レースで見かけた優秀なサラブレッドの厩舎を訪れることにした。その途中、すばらしい雄馬を駆けさせてきたキャサリンにぶつかりそうになった。勝ち気で情熱的な彼女にひと目で惹かれたグランビーは、謝罪のキスを強いた―キャサリンにとっては生まれて初めてのキスを―。社交界も結婚もいやがり、馬と暮らす生活を楽しんでいるキャサリンは、彼に惹かれながらも二度と自分に触れさせまいとする。いっぽう望みの馬を手に入れ、さらにはキャサリンにも触れたいグランビー。ふたりの駆け引きはやがて危険な方向へと進みはじめた―。大好評『恋におちた放蕩貴族』に続く第2弾登場。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:He said no
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 放蕩貴族の恋の賭け
  • 放蕩貴族の恋の賭け

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中