ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕がノーベル賞をとった本当の理由 子ども時代のすごしかた

  • 僕がノーベル賞をとった本当の理由 子ども時代のすごしかた

僕がノーベル賞をとった本当の理由 子ども時代のすごしかた

  • 益川敏英/著 京都大学名誉教授、京都産業大学益川塾塾頭・終身教授、名古屋大学特別招聘教授。1940年名古屋市生まれ。62年3月名古屋大学理学部卒業。67年3月名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。同年4月名古屋大学理学部助手。2003年4月京都大学名誉教授、京都産業大学理学部教授を経て現職にいたる。1997年~2000年第17期日本学術会議会員(第4部)。第25回仁科記念賞、第75回日本学士院賞、朝日賞、第48回中日文化賞など受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    125p
  • ISBN
    978-4-89428-587-3
  • 発売日
    2009年08月

1,143 (税込:1,234

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 普通の子どもだったノーベル物理学賞受賞の益川敏英先生。科学にあこがれ、科学に没頭していった若き日々の想い出を語る。
目次
目次
・あこがれと学び、夢
・ロマンと科学
・女房の教育的指導とノーベル賞
・三度の飯より素粒子論
・戦争は嫌い、僕は臆病者だから……

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕がノーベル賞をとった本当の理由 子ども時代のすごしかた
  • 僕がノーベル賞をとった本当の理由 子ども時代のすごしかた

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中