ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 定着者と部外者 コミュニティの社会学

  • 定着者と部外者 コミュニティの社会学

定着者と部外者 コミュニティの社会学

  • ノルベルト・エリアス/著 ジョン・L.スコットソン/著 大平章/訳 エリアス,ノルベルト(Elias,Norbert)
    1897年ブレスラウ生まれのユダヤ系ドイツ人社会学者。ブレスラウ大学を経てハイデルベルク大学でリッケルト、ヤスパースなどに哲学を学び、アルフレート・ヴェーバー、カール・マンハイムの下で社会学の研究に従事する。フランクフルト大学に移り、マンハイムの助手として働く。ナチスに追われフランスやイギリスに亡命。1954年57歳でレスター大学社会学の専任教員に任命。レスター大学を退職した後にガーナ大学社会学部教授として招聘

    大平 章(オオヒラ アキラ)
    1949年広島に生まれる。72年早稲田大学第一文学部英文科卒業。80年同大学大学院文学研究科英文学専攻博士課程満期修了。90年および2001年ケンブリッジ大学ダーウィン・カレッジ客員研究員。現在、早稲田大学国際教養学部教授

  • シリーズ名
    叢書・ウニベルシタス 918
  • ISBN
    978-4-588-00918-1
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,850

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 定着者集団はどのような背景によって、あるいはどのような過程を経て、自らを優越者集団とし、部外者を劣等集団として固定化しようとするのか。どのような力学によって、集団的カリスマ、集団的汚名の神話が創られるのか。イングランド中部の架空の町ウィンストン・パーヴァを舞台に展開する「定着者─部外者関係」の理論は、ジェンダーや人種差別、少数民族の問題を考えるために重要な示唆を与える。
目次
序論 定着者と部外者に関する理論的エッセイ
第1章 手順の検討
第2章 発展中の近隣関係
第3章 第一地区と第二地区の全体像
第4章 第二地区の母親中心の家族
第5章 地元の連合体と「古い家族」のネットワーク
第6章 第三地区の全体像
第7章 ゴシップに関する観察結果
第8章 ウィンストン・パーヴァの若者たち
第9章 結論
補遺1 一体感の社会学的側面
補遺2 「社会構造」と「無規範」の概念に関する注釈
補遺3 「家族」と「共同体」の関係

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The established and the outsiders 原著第2版の翻訳
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 定着者と部外者 コミュニティの社会学
  • 定着者と部外者 コミュニティの社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中