ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不逞老人

  • 不逞老人

ポイント倍率

不逞老人

  • 鶴見俊輔/著 黒川創/ききて 鶴見 俊輔(ツルミ シュンスケ)
    1922年生。思想家。ハーヴァード大学卒業。雑誌「思想の科学」発行の中核を担い、ベ平連など社会運動にも携わる。評論も多く、その対象は、社会問題から小説、大衆芸術までと幅広い

    黒川 創(クロカワ ソウ)
    1961年生。作家、評論家。幼いころから鶴見俊輔と交流がある。「思想の科学」、編集グループSUREなどでの活動も共に行っている

  • ページ数
    231,4p
  • ISBN
    978-4-309-24485-3
  • 発売日
    2009年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 永遠の「不良少年」鶴見俊輔、その思想の根底をつらぬくものを語る。四〇年以上共に歩んできた黒川創を相手に、いまこそ語った言葉と証言。好評NHK教育テレビ「鶴見俊輔―戦後日本、人民の記憶」(ETV特集)での座談、その全容。
目次
序章 ぼんやりしたまま、消えるだろう(自分の中に永遠がある
人生の目的地
他人を偉大と感じる快楽
まだ、子どもとして生きている)
1 敗戦からの未来へ(敗戦のラジオと向き合って
原爆を知りはじめたとき
「もてあそばれた」場所からのまなざし
「科学」が人間を通り越した時代に
「くに」は日本か
取り違えられた客観性
丸山眞男の被爆という経験
経験と語りのあいだに)
2 不良少年として立ちたかった(悪人として生きてきた
正義から逃げる
父には勝てなかった
時には、裏切ることも必要
エロスに捕らえられて
姉、和子と私
学問の後背地)
3 民話をつらねる(共同研究という方法
アナキズムの国家論
人民の記憶
ハンセン病に向き合って
敵に敬意をもてるか
活動を続けさせたもの
家族から外へと根をはるもの)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

著者自らが、ハンセン病患者との関係などほとんど語ってこなかった足跡をふりかえる。聞き手は黒川創。NHKの特集を再構成。

ページの先頭へ

閉じる

  • 不逞老人
  • 不逞老人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中