ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • CD 幻作発禁濃密文庫   1-1

  • CD 幻作発禁濃密文庫   1-1

CD 幻作発禁濃密文庫   1-1

  • シリーズ名
    Audio Book
  • ISBN
    978-4-7759-2684-0

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一流作家をはじめ、多くの文人たちが名前を秘して書き上げた入魂の“傑作艶本シリーズ”が文庫となって創刊!
    (全十巻)本文は濃密でリアルな性描写だが、装丁は花柄をあしらった重厚で上品な表紙で好評。
    編者はこの道の研究者として有名な「青木信光」氏。
    百年間の隠蔽の闇から甦えるときめきの濃密文学。
    明治・大正・昭和の著名な作家や文人が名を秘して綴り密かに出版され続けた幻の性文学と作者不明の伝説的傑作艶書シリーズ。
    入魂の作品、リアル性愛描写は興奮さめやらぬ不思議な性の桃源郷へ読者を誘い込んでしまう。
    高校に入学したばかりの娘・良子。
    担任は、目が大きくて色白のまるでフランス人形のような森優美先生。
    ある土曜日の午後遅く、森優美が家庭訪問に現れた。
    初めて見る実物の森優美は、活動的な溌剌とした美人というよりは、表情態度全体にどこか暗いきざしの感じられる、無口そうな女性であった。
    フランス人形のような顔だちであるが、少しこけたような感じの頬を持ち、その大きな眼は、瞳の奥の方から秘密めいた輝きを放っていた。
    透き通るような肌が特に美しく、黒いスーツを着ているものの教員には見えず、新劇の女優といった感じで、華奢な身体つきのせいか大そう若く見え、娘の教師だという関係を私に忘れさせてしまうような何かを持った女性だった。
    彼女に強く惹かれた…。
    私は良子の父親として担任教師を観察するのではなく好色な四十男の眼で、彼女に接した…。
    私と優美、娘の良子とその家庭教師、さらには小学生のころからずっと仲の良い、良子と美知…、それぞれの秘められた悩ましい関係が始まる。
     
    ※本商品は「幻作発禁 濃密文庫 第一巻」(ダイナミックセラーズ出版刊 青木信光著 ISBN:4-88493-303-6 350頁 525円(税込))をオーディオ化したものです。

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • CD 幻作発禁濃密文庫   1-1
  • CD 幻作発禁濃密文庫   1-1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中