ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 図表でみる世界の医薬品政策 グローバル市場で医薬品の価格はどのように決められるのか

拡大

  • 図表でみる世界の医薬品政策 グローバル市場で医薬品の価格はどのように決められるのか

図表でみる世界の医薬品政策 グローバル市場で医薬品の価格はどのように決められるのか

  • OECD/編著 坂巻弘之/訳 坂巻 弘之(サカマキ ヒロユキ)
    1956年生まれ。1978年北海道大学薬学部卒業。1992年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。経営学修士、医学博士。2000~2006年財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会主席研究員兼研究部長。2006年財団法人医療科学研究所客員研究員など。2006年より名城大学薬学部教授(現職)。専門は、臨床経済学、薬剤経済学、アウトカム研究、医療費分析

  • ページ数
    234p
  • ISBN
    978-4-7503-3006-8
  • 発売日
    2009年06月

3,800 (税込:4,104

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、医薬品の価格・償還政策が保健政策目標の達成にどのように貢献しているかを評価するものである。医薬品の利用可能性や価格、イノベーションなどの政策が当該国及び国を超えた国際的な相互作用に及ぼす効果を検証。現時点において最も包括的なOECD医薬品価格指標データベースを使用することによって医薬品の価格水準の国際的な比較分析を提示。また、医薬品の価格・償還政策がヘルスシステムの成果に及ぼす影響を検討したOECD加盟6か国の事例をケース・スタディとして用いている。
目次
第1章 OECD諸国の医薬品部門の主な特徴
第2章 医薬品業界とその活動状況
第3章 医薬品価格設定と償還及びより広範な医薬品政策環境
第4章 保健医療政策の目標達成に対する医薬品価格政策の影響
第5章 国の価格設定・償還の実施方法が他国における医薬品価格と利用可能性に及ぼす影響
第6章 医薬品価格政策が医薬品のイノベーションに与える影響

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
原題 原タイトル:Pharmaceutical pricing policies in a global market
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 図表でみる世界の医薬品政策 グローバル市場で医薬品の価格はどのように決められるのか

拡大

  • 図表でみる世界の医薬品政策 グローバル市場で医薬品の価格はどのように決められるのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中