ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中国教育の文化的基盤

  • 中国教育の文化的基盤

中国教育の文化的基盤

  • 顧明遠/著 大塚豊/監訳 顧 明遠
    1929年、中国江蘇省江陰県生まれ。ソ連モスクワ国立レーニン師範学院教育学部卒業。北京師範大学教育系主任、外国教育研究所長、副学長、大学院院長、管理学院長、国務院学位委員会教育学評議グループ召集人、教育部小中学校教材検定委員会副主任、世界比較教育学会副会長などの要職を歴任。現在、教育学修士の専門学位の教育指導委員会主任、教育部社会科学委員会副主任、中国教育学会会長を務める

    大塚 豊(オオツカ ユタカ)
    1951年、鳥取県生まれ。広島大学教育学部教育学科卒業、米国George Peabody教育大学(現Vanderbilt大学)大学院修士課程修了、広島大学大学院教育学研究科修士課程修了、同博士課程中退。博士(教育学)。比較教育学専攻。広島大学助手、国立教育研究所(現国立教育政策研究所)研究員・同主任研究官、広島大学・大学教育研究センター助教授・同教授、名古屋大学大学院国際開発研究科教授を経て、広島大学大学院教育学研究科教授。北京師範大学国際・比較教育研究所、華中科学技術大学、浙江大学教育学院の客員教授

  • ページ数
    328p
  • ISBN
    978-4-88713-923-7
  • 発売日
    2009年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,900 (税込:3,190

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 教育の現代化のためには、伝統に立脚しつつ伝統を超えねばならない―中国教育学会会長である著者が、古代中国文化の創造期から改革開放の現在に至るまで、教育の内容・制度の変遷を中心に精細な考察を行い、中国教育通史として執筆。あくまで「温故知新」すなわち歴史を顧みつつ現在を追究する精神に貫かれている。随所に閃く卓見が、特に結論の章において、単に中国に関する提言を超えて万人必読の教育観に凝結した労作。
目次
第1章 教育と文化
第2章 中国文化とその基本的特徴
第3章 中国伝統文化の類型、性質と基本精神
第4章 中国の教育伝統とその基本的特質
第5章 中国伝統文化の中国教育に対する影響
第6章 西洋の学問の東漸と中国教育の現代化
第7章 西洋教育制度と教育思想の中国教育に対する影響
第8章 中国におけるマルクス主義の伝播とマルクス主義教育思想の誕生
第9章 中国の教育におけるソ連の教育の影響
第10章 改革開放と教育思想の多元化
第11章 結論:中国教育の現代化の道を探る

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 中国教育の文化的基盤
  • 中国教育の文化的基盤

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中