ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈いのち〉をめぐる近代史 堕胎から人工妊娠中絶へ

  • 〈いのち〉をめぐる近代史 堕胎から人工妊娠中絶へ

〈いのち〉をめぐる近代史 堕胎から人工妊娠中絶へ

  • 岩田重則/著 岩田 重則(イワタ シゲノリ)
    1961年、静岡県に生まれる。現在、東京学芸大学教授(民俗学・歴史学)

  • シリーズ名
    歴史文化ライブラリー 271
  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-642-05671-7
  • 発売日
    2009年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近代社会でも深く根付いていた堕胎。しかし帝国主義段階において徐々に消滅し、人間の存在する権利が保証されていく。背景には何があったのか。生と性に光をあて、消えていった“いのち”を描き、近代日本の現実を抉る。
目次
生まれなかったいのち―プロローグ
胎児といのちへの視線
堕胎の社会経済史
堕胎手術の社会伝承史
堕胎罪をめぐる女と男
いのちの近代
二種類のいのちと人権―エピローグ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

近代社会で深く根付いていた堕胎が、徐々に消滅した背景には何があったのか。生まれなかった〈いのち〉とは。近代日本の現実を抉る。

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈いのち〉をめぐる近代史 堕胎から人工妊娠中絶へ
  • 〈いのち〉をめぐる近代史 堕胎から人工妊娠中絶へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中