ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 父は海猿だった

  • 父は海猿だった

父は海猿だった

  • 江本 生幸 著 江本 生幸(エモト イクコ)
    昭和34年、石川県に生まれる。国立金沢病院附属金沢看護学校を経て、金沢大学教育学部養護教諭特別科修了。昭和58年より金沢女子短期大学高等学校(現在金沢学院東高等学校)の養護教諭として勤務

  • ISBN
    978-4-286-07056-8
  • 発売日
    2009年07月

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 海上保安官として43年務めあげた父への讃歌。危険な海難救助、領海警備、海上防災等に活躍し、ときには単身赴任で各管区へ向かう父を家族が支えた歳月があった。
目次
第1章 試験
第2章 家族
第3章 転勤
第4章 単身赴任
第5章 栄誉

商品詳細情報

フォーマット 単行本

ページの先頭へ

閉じる

  • 父は海猿だった
  • 父は海猿だった

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中