ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 科学にときめく ノーベル賞学者の頭の中

  • 科学にときめく ノーベル賞学者の頭の中

科学にときめく ノーベル賞学者の頭の中

  • 益川敏英/著 益川 敏英(マスカワ トシヒデ)
    1940年愛知県生まれ。名古屋大学理学部卒業、同大学院理学研究科修了、理学博士。名古屋大学理学部助手、京都大学理学部助手、東京大学原子核研究所助教授などを経て、1980年京都大学に赴任。基礎物理学研究所教授、理学部教授、大学院理学研究科教授、基礎物理学研究所教授・所長などを歴任。2003年、京都大学を退官。現在、京都大学名誉教授、京都産業大学教授・同大研究機構長、名古屋大学特別招聘教授。1997年第17期日本学術会議会員。九条科学者の会呼びかけ人。1979年第25回仁科記念賞、1985年アメリカ物理学会第1回J.J.S.賞、1985年日本学士院賞、1995年朝日賞、2001年文化功労者、2007年欧州物理学会高エネルギー・素粒子物理学賞、2008年ノーベル物理学賞などを受賞

  • シリーズ名
    かもがわCブックス 13
  • ページ数
    209p
  • ISBN
    978-4-7803-0280-6
  • 発売日
    2009年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ノーベル賞の受賞講演から子育て、平和論まで、縦横に語る。本好き少年の成長の軌跡、学問への情熱と人柄が読むものの心をうつ。
目次
第1章 ノーベル賞受賞によせて(ノーベル賞受賞記念講演 CP対象性の破れが我々に語ったこと
英語嫌いの物理学者)
第2章 大学と大学での学びへの提言(大学での学びをどうすすめるか
高く目標かかげ学びの道を―京都大学での学生との対話集会から
学問の府としての大学の役割)
第3章 学問・研究についての断想(坂田理論が切り開いたもの
真理へのアプローチ、媒介項は何か
自然科学と弁証法)
第4章 子どもと教育、そしてジェンダー(信頼すること、押し付けないこと)
第5章 平和と科学者の責任(子どもや孫たちにあんな思いはさせたくない―憲法九条で日本は国際貢献を)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 科学にときめく ノーベル賞学者の頭の中
  • 科学にときめく ノーベル賞学者の頭の中

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中