ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ボックス21

  • ボックス21

ボックス21

  • アンデシュ・ルースルンド/著 ベリエ・ヘルストレム/著 ヘレンハルメ美穂/訳 ルースルンド,アンデシュ(Roslund,Anders)
    1961年生まれ。作家・ジャーナリスト。スウェーデン公営テレビの文化ニュース番組を立ち上げ、数年間にわたって番組を統括。そのほかにも十年間にわたり、報道記者、レポーター、報道番組のデスクなどを務めた。刑務所に関するドキュメンタリー番組を制作した際に評論家のベリエ・ヘルストレムと出会い、意気投合。共著『制裁』でグラスニッケル最優秀北欧犯罪小説賞を受賞

    ヘルストレム,ベリエ(Hellstr¨om,B¨orge)
    1957年生まれ。刑事施設・更正施設評論家。自らも犯罪者として刑務所で服役した経験から、犯罪の防止を目指す団体“KRIS(Kriminellas Revansch I Samh¨allet―犯罪者による社会への返礼)”の発起人となり、犯罪や暴力に走る少年たちに対するケアを行なう。KRISの取材に訪れた作家アンデシュ・ルースルンドと出会い、『制裁』で作家デビューを果たす

    ヘレンハルメ 美穂(ヘレンハルメ ミホ)
    1975年生まれ。翻訳者。スウェーデン在住。国際基督教大学教養学部卒業、パリ第三大学近代仏文学修士課程修了

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 ル1-2
  • ページ数
    614p
  • ISBN
    978-4-270-10286-2
  • 発売日
    2009年04月

950 (税込:1,026

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ストックホルムにあるアパートの一室で、鞭打たれて意識を失った売春婦が発見された。リトアニアから連れてこられたという売春婦は、すぐに病院に搬送され、彼女を連れてきたポン引きも国に強制送還され、事件は簡単に片付いたかに見えた。だが、病院で目覚めた売春婦の予想外の行動が、単純だったはずの事件を、スウェーデンの闇をえぐる大事件へと発展させてゆく…。『制裁』に続く、北欧発の衝撃的クライムノベル。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Box 21
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ボックス21
  • ボックス21

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中