ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダブリンで死んだ娘

  • ダブリンで死んだ娘

ダブリンで死んだ娘

  • ベンジャミン・ブラック/著 松本剛史/訳 ブラック,ベンジャミン(Black,Benjamin)
    現代アイルランドを代表する作家ジョン・バンヴィルの別名義。1945年、アイルランドのウェクスフォード生まれ。1970年、短篇集でデビュー。新聞の文芸記者として働きながら執筆を続け、『コペルニクス博士』(白水社)でジェイムズ・テイト・ブラック記念賞、『ケプラーの憂鬱』(工作舎)でガーディアン賞。2005年には『海に帰る日』(新潮社)で、カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を抑えてブッカー賞を受賞。ダブリン在住

    松本 剛史(マツモト ツヨシ)
    1959年和歌山市生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。翻訳家

  • シリーズ名
    〔ランダムハウス講談社文庫〕 フ10-1
  • ページ数
    485p
  • ISBN
    978-4-270-10285-5
  • 発売日
    2009年04月

920 (税込:994

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “聖家族病院”の病理医クワークは死体安置室の遺体にふと目を止めた。救急車で運び込まれたクリスティーンという名の美しい女性で、死因は肺塞栓。明らかに出産直後と見える若い女性が肺塞栓とは?死亡診断書を書いた義兄の産婦人科医マルの行動に不審を抱いたクワークは再び安置室を訪れる。だが、遺体はすでに運びだされていた!1950年代のダブリンを舞台に、ブッカー賞作家が別名義でミステリに初挑戦した話題作。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:Christine Falls
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ダブリンで死んだ娘
  • ダブリンで死んだ娘

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中