ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点 人文・社会科学振興プロジェクト

  • 〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点 人文・社会科学振興プロジェクト

〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点 人文・社会科学振興プロジェクト

  • 荒川歩/編 川喜田敦子/編 谷川竜一/編 内藤順子/編 柴田晃芳/編 荒川 歩(アラカワ アユム)
    名古屋大学大学院法学研究科特任講師。専門分野は法と心理学

    川喜田 敦子(カワキタ アツコ)
    東京大学大学院総合文化研究科特任准教授。専門分野はドイツ現代史・地域研究

    谷川 竜一(タニガワ リュウイチ)
    東京大学生産技術研究所技術職員。専門分野は建築史学

    内藤 順子(ナイトウ ジュンコ)
    日本学術振興会、日本女子大学特別研究員。専門分野は文化人類学

    柴田 晃芳(シバタ テルヨシ)
    北海学園大学経済学部非常勤講師。専門分野は政治学

  • ISBN
    978-4-88713-904-6
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明日に向かって境界をたどれ。私たちと世界を繋ぐ/隔てる「境界」の現在に、人文・社会科学の若手一五人が挑む。
目次
第1部 境界と生きる(性別/身体を越境するという物語を聴く
慢性疾患という「境界」を生きること―ある当事者の語りを通して)
第2部 境界で生きる(イスラーム社会における改宗―宗教という境界をめぐって
犠牲者体験を通じてのアイデンティティの揺らぎ―アウシュヴィッツの生き残り、ジャン・アメリーを中心に ほか)
第3部 境界が揺らぐ(農業水利がたどった「境界」―その変化とこれからを問う
揺らぐ政策形成と国家―グローバリゼーションと民主主義、日米防衛政策調整 ほか)
第4部 境界をひらく(境界の弾力―保健室から考える
境界を操る/境界に操られる建造物―鴨緑江の回転橋 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点 人文・社会科学振興プロジェクト
  • 〈境界〉の今を生きる 身体から世界空間へ・若手一五人の視点 人文・社会科学振興プロジェクト

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中