ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 直球勝負の会社―日本初! ベンチャー生保の起業物語

  • 直球勝負の会社―日本初! ベンチャー生保の起業物語

直球勝負の会社―日本初! ベンチャー生保の起業物語

  • 出口治明/著 出口 治明(デグチ ハルアキ)
    1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。日本興業銀行(出向)、生命保険協会財務企画専門委員会委員長(初代)、ロンドン事務所長、国際業務部長等を経て、2005年に日本生命保険相互会社を退職。東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を経て、現在、ライフネット生命保険株式会社代表取締役社長

  • ISBN
    978-4-478-00887-4
  • 発売日
    2009年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,429 (税込:1,543

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後初、独立系の生命保険会社をつくった男。

    著者の出口氏は、昨今、生命保険料の原価を開示し、業界を震撼させたライフネット生命社長。30年以上を日本生命で過ごした著者は、生命保険が消費者のニーズから離れていくのを感じていた。それは保険金不払い問題で象徴的に露呈する。06年に起業を決意した著者は、2年の歳月をかけ、戦後初となる生命保険会社として金融庁の認可を得た。
    昨年創業したライフネット生命は、大手生保の半額の保険料や、約款の公開、他社比較が自由にできるサイトづくりなど、徹底した消費者志向の事業展開をしてきた。
    本書はそんな著者が起業までの経緯を通し、自分の理想となる正直な会社の姿を語ったもの。理想の会社とは、自分が心底、よいと思える商品をよいと思える価格でつくること。そして消費者に正直にわかりやすく、自社の方針を示すことを愚直に実践する。還暦ベンチャーとも言われる著者の起業には、社会における企業の役割を考えるヒントが満載している。先行き不透明な時代に事業の行く末に不安な読者に向けて、自分の信じる事業を推進していくことの重要性にも気づかさせる一冊。
目次
第1章 還暦ベンチャー発進!
第2章 戦後初の独立系生保の誕生
第3章 手づくりの生命保険会社
第4章 保険料を半額にできるか
第5章 起業の原点は日本生命での経験
第6章 直球勝負は始まったばかり

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 直球勝負の会社―日本初! ベンチャー生保の起業物語
  • 直球勝負の会社―日本初! ベンチャー生保の起業物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中