ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大腿骨頸部骨折 何を考え、どう対処するか

  • 大腿骨頸部骨折 何を考え、どう対処するか

大腿骨頸部骨折 何を考え、どう対処するか

  • シリーズ名
    実践MOOK・理学療法プラクティス
  • ISBN
    978-4-8306-4367-5
  • 発売日
    2009年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 好評の〈実践MOOK〉シリーズ第6弾.大腿骨頸部骨折は理学療法士にとって遭遇頻度の高い症状である.新人・若手理学療法士が,それにどう対処するかをまとめた.
目次
パート1:大腿骨頸部骨折患者を受けもったらどうするか  I.情報収集  面談で何を聞くか?  II.理学療法評価─何をどのように評価するか?  1.急性期における理学療法評価  2.回復期における理学療法評価  3.維持期における理学療法評価  III.治療目標と理学療法プログラムの立案─治療目標にそくしたプログラムとは?  1.急性期における治療目標と理学療法プログラム  2.回復期における治療目標と理学療法プログラム  3.維持期における治療目標と理学療法プログラム パート2:ICFからみた理学療法介入のポイント  I.機能障害に対して─いつどのように介入するか?  1.急性期の廃用症候群予防に対するポイント  2.疼痛に対する物理療法のポイント  3.関節可動域訓練に対するポイント  4.筋力増強エクササイズに対するポイント  II.活動制限・参加制約に対して対して─ADL「自立」を目指したポイントとは?  1.起居動作の改善を図るポイント  2.歩行動作の改善を図るポイント  3.ADL指導のポイント  III.私はこうしている─臨床最前線の取り組!  1.急性期施設における理学療法の実際─術後2週までの起居・移動練習を中心に─  2.回復期施設における理学療法の実際─チームアプローチの重要性─  3.維持期施設における理学療法の実際─在宅での生活を知る─ パート3:クリニカル・リーズニングに基づく大腿骨頸部骨折の理学療法  ─新たな視点で新しい理学療法を展開しよう  I.臨床推論はなぜ必要か?  II.バイオメカニクスの視点からみた大腿骨頸部骨折の理学療法  III.姿勢制御の視点からみた大腿骨頸部骨折の理学療法  IV.認知症を伴う大腿骨頸部骨折の理学療法  V.大腿骨頸部骨折の予防─転倒予防教室─ 索引

商品詳細情報

フォーマット ムック
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 大腿骨頸部骨折 何を考え、どう対処するか
  • 大腿骨頸部骨折 何を考え、どう対処するか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中