ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • サミュエル・ベケット ある伝記

  • サミュエル・ベケット ある伝記

サミュエル・ベケット ある伝記

  • ディアドリィ・ベァ/著 五十嵐賢一/訳 ベァ,ディアドリィ(Bair,Deirdre)
    アメリカの女性伝記作家。文学ジャーナリスト、大学の比較文学教授の経歴の傍ら、旺盛な執筆活動を展開。『サミュエル・ベケット―ある伝記』で1981年に「ナショナル・ブック・アウォード」を受賞。以後、1991年にシモーヌ・ド・ボーヴォワール、95年にアナイス・ニン、2003年にカール・グスタフ・ユングの伝記を出版し、ボーヴォワールとニンのそれがともに同賞に最終ノミネートされる。ごく最近では、晩年の離婚等、社会問題も論じている

    五十嵐 賢一(イガラシ ケンイチ)
    1943年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。フランス文学専攻

  • ページ数
    861,25p
  • ISBN
    978-4-88303-242-6
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,800 (税込:9,504

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ベケットのなまなましい肉声と同時代人の証言をもとに、冷徹な眼差と辛辣な筆とによって、その芸術と人間をあますところなく描ききった、最初の本格的伝記。ベケットの存命中に書かれながら、ベケットに公認されなかった唯一のベケット伝。
目次
少年時代―一九〇六‐二三年「僕の少年時代は幸福だったと言ってよい…」
我が家の異邦人―一九二三‐二八年「我が家の異邦人にただ目を白黒」
ジョイスのパリへ―一九二八‐二九年「びっくりするほど頭のいかれたアイルランド人」
憧憬と焦燥―一九二九‐三〇年「書きたくてうずうずしているが、言うべきことは何もない若者」
さらばトリニティ―一九三〇‐三一年「最良のものを失って」
宿命のアイルランド―一九三一‐三二年「僕は死ぬまでここにいることになるんだ。異邦人のオートバイにまたがって、お上品ぶった道路を這いずり回りながら」
父死す―一九三三年「親父は僕が子供の頃に死んだ。それでなければ…」
ビオンの許へ 精神分析―一九三四年「途方に暮れ…心は千々に乱れて」
ユングの衝撃 ロンドン決別―一九三五年「今やロンドンとの繋がりを断ち切るとき」
『マーフィー』―「いったい誰なんだ、そのマーフィーという奴は…ひとかどの人間なのか、ひとかどのものを何か持っているのか」〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Samuel Beckett
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • サミュエル・ベケット ある伝記
  • サミュエル・ベケット ある伝記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中