ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東大式合格ノート術 記憶ができる記録の極意 栄光ゼミナールポイント解説付き

  • 東大式合格ノート術 記憶ができる記録の極意 栄光ゼミナールポイント解説付き

東大式合格ノート術 記憶ができる記録の極意 栄光ゼミナールポイント解説付き

  • ISBN
    978-4-7778-0634-8
  • 発売日
    2009年04月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 原則を5つに集約。本物の東大生のノートも多数公開。実例を見てイメージできる。
目次
原則1 余白をつくる(余白は半分以上とる
使える6つの余白術
足りないときは余白をつぎ足し
余白ノートは3度使う)
原則2 見やすく編集する(1文1意1行で書く
見出しと番号をつける
文頭をそろえる
色は3色だけ使う
図表は5割
覚える図表の3パターン
切り貼りノートで手間いらず)
原則3 キーワードを抜き出す・つなげる(いちばん大きな文字が「メインテーマ」
重要ポイントには「目印」がある
先生のジェスチャーに注目
重要ポイントのありかは「予測」できる
重要ポイントを線でつなぐ
「5WIH」で線をのばす

原則4 自分のことばで書きまくる(書くスピードは脳の回転スピード
雑談、つぶやき、何でも書き込む
自分の言葉で説明しなおす
自分記号を使いこなす
語呂をどんどん書き込む
演習ノートは重ね書きで
落書きは実は役に立つ)
原則5 1冊・1枚・1見開きで書く(テスト直前に「見直しノート」作り
ノートはA6を使う
1冊1枚で1テーマ
書く情報はどんどん絞る
一問一答式ノートを作る
5分で見直す)
番外編 実践したらこうなった!教科別東大ノート

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 高校生

商品のおすすめ

日々のノートの取り方に悩んではいませんか?もっと効率のいいノートの取り方があるのではないかと感じていませんか?本書はノート作りの原則を、300冊ものノートから抽出し5つの原則にまとめました。上手にノートを書いている人の多くが、この5つの原則を実行しているのです。ノートは書くことが目的ではありません。後から見直しやすく、わかりやすく、記憶することが大事なんです。記録より記憶。明日から始めよう!ではく、今この瞬間からはじめよう。

ページの先頭へ

閉じる

  • 東大式合格ノート術 記憶ができる記録の極意 栄光ゼミナールポイント解説付き
  • 東大式合格ノート術 記憶ができる記録の極意 栄光ゼミナールポイント解説付き

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中