ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 水の匠・水の司 “紀州流”治水・利水の祖 井沢弥惣兵衛

  • 水の匠・水の司 “紀州流”治水・利水の祖 井沢弥惣兵衛

ポイント倍率

水の匠・水の司 “紀州流”治水・利水の祖 井沢弥惣兵衛

  • 高崎哲郎/著 高崎 哲郎(タカサキ テツロウ)
    1948年栃木県生まれ。NHK記者、帝京大学教授、東工大などの非常勤講師を歴任。独立行政法人土木研究所と財団法人河川環境管理財団の客員研究員を経て、独立行政法人水質源機構の客員教授。作家、土木史研究家

  • ページ数
    247p
  • ISBN
    978-4-306-09397-3
  • 発売日
    2009年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 還暦を過ぎ幕臣となった井澤弥惣兵衛は、全国各地で新田開発・河川改修等を手掛けた。空前の大干拓・新田開発を遂行した幕臣の史伝。
目次
沃野を拓く―紀州流の心と技
鉄砲と鍬と―根来同心の家系、豪農、紀州藩
紀州流の源流―弥惣兵衛と才蔵
「米将軍」に登用された還暦の技術者―大開発の規範・飯沼新田1
弥惣兵衛と名主たち―大開発の規範・飯沼新田2
弥惣兵衛、農民の悲願に応える―大開発の規範・飯沼新田3
関八州での新田開発と治水策の光と影
見沼代用水の開発―開削決水への道1 調査
見沼代用水の開発―開削決水への道2 試掘
見沼代用水の開発―開削決水への道3 着工
見沼代用水の開発―開削決水への道4 竣工
民は楽を共にすべく、憂を同じくすべからず

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

徳川幕府「中興の祖」とされる第八代将軍吉宗の時代は享保改革という一大変革期であった。吉宗は行き詰った財政事情を打開するため全国規模での新田開発を奨励した。その厳命を受け先頭に立って新田開発を指揮したのが井澤弥惣兵衛であった。彼は自らの紀州流土木技法という独自の技術を導入し、それを全国的に展開した。湖沼や湿地を用水路に分離した上で干拓し、山林原野を開き、堤防を高く構築して河川の幅を狭め、川のそばまで水田を広げ、河川敷も耕作地とした。空前の大自然改造であった。

ページの先頭へ

閉じる

  • 水の匠・水の司 “紀州流”治水・利水の祖 井沢弥惣兵衛
  • 水の匠・水の司 “紀州流”治水・利水の祖 井沢弥惣兵衛

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中