ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フランス革命を旅したイギリス人 リグビー博士の書簡より

  • フランス革命を旅したイギリス人 リグビー博士の書簡より

ポイント倍率

フランス革命を旅したイギリス人 リグビー博士の書簡より

  • エドワード・リグビー/〔著〕 川分圭子/訳 リグビー,エドワード(Rigby,Edward)
    1747‐1821。ランカシャア州チョウベントに生まれ、ランカシャアに隣接するチェシャア州にあったウォリントン・アカデミーで教育を受けた。15歳になると彼はノフォーク州の中心都市ノリッジへ行き、母方の親戚であった外科医デイヴィッド・マーチノーのもとで修業したのち、ロンドンで勉学を続け外科医組合員の資格を得た。その後ノリッジにもどって開業し、他方で同市の市会議員になったり慈善医学協会を創立するなどして活躍。農業家としても活動した。1789年7月14日のバスティーユ襲撃時にパリにいて鮮やかな記述を残している

    川分 圭子(カワワケ ケイコ)
    1963年生まれ。1992年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程西洋史専攻研究指導認定退学。現在、京都府立大学文学部准教授。イギリス近代史専攻

  • ページ数
    226p
  • ISBN
    978-4-86110-171-7
  • 発売日
    2009年02月

2,381 (税込:2,571

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 革命の渦中のフランスをはじめ、西欧各国の政情、景観、会話などを平明に描写。ヨーロッパの交流をいまに伝える。
目次
第1章 ドーヴァーの印象―7月2日‐7月18日
第2章 マリー・アントワネット―8月11日の手紙に加筆したものとリグビーの日記の抜粋
第3章 バスティーユ襲撃―8月11日の手紙の続き
第4章 死体置き場―8月11日の手紙の続き
第5章 パリ脱出―8月11日の手紙の続き
第6章 リヨンに到着―7月21日‐7月26日
第7章 プロヴァンス地方―7月27日‐8月2日
第8章 「フランスを離れるのは残念だ」―8月2日‐8月11日
第9章 ジュネーヴ―8月11日‐8月17日
第10章 アルプスの日の出―8月17日‐8月25日
第11章 イギリス帰国―8月26日‐9月9日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
対象年齢 一般

商品のおすすめ

1789年、イギリス人医師エドワード・リグビーは、革命のさなかのフランスをはじめ、ヨーロッパ各地を旅する。バスティーユ襲撃の貴重な記録を含む、各地の政情、産業、景観、そして人々との会話を平明に描写する彼の書簡は、当時から盛んだったヨーロッパの文化交流・人的交流をいまに伝える。

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • フランス革命を旅したイギリス人 リグビー博士の書簡より
  • フランス革命を旅したイギリス人 リグビー博士の書簡より

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中