ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チェロとわたし 新装版

  • チェロとわたし 新装版

ポイント倍率

チェロとわたし 新装版

  • グレゴール・ピアティゴルスキー/〔著〕 村上紀子/訳 ピアティゴルスキー,グレゴール(Piatigorsky,Gregor)
    1903年、エカテリノスラフ(現在のウクライナの中部)生まれ。7歳からヴァイオリン奏者の父にチェロを学び、9歳でデビュー。15歳でボリショイ劇場管弦楽団の首席チェリストとなる。1921年、革命後のロシアを逃れドイツでベッカーやクレンゲルに師事。1924年フルトヴェングラーに才能を見出され、ベルリンフィルの首席チェリストに抜擢され、その名人芸によって数々の逸話を残す。1929年のアメリカデビュー以後は、室内楽や独奏でも活躍。1942年アメリカの市民権を取得。ルービンシュタイン、ハイフェッツとのトリオは、“100万ドル・トリオ”とも称された。1976年ロサンゼルス没

    村上 紀子(ムラカミ ノリコ)
    国立ミュンヘン音楽大学卒、ソリスト・ディプロム取得、ミュンヘン・ゲーテ・インスティトゥート師範科卒。ピアノ・ドイツ語専攻。元ゲーテ・インスティトゥート東京支部講師

  • ページ数
    348p
  • ISBN
    978-4-560-09500-3
  • 発売日
    2009年01月

3,400 (税込:3,672

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フルトヴェングラーにその才能を見出され、アメリカで大成功を収めた、ロシア人名演奏家による自伝的回想録。
目次
ふるさとの思い出
最初のチェロ
『エヴゲーニー・オネーギン』のセンセーショナルな上演
ある婚約とその成り行き
グァルネリのチェロ
シャリアピンとのコンサート
ボリショイ劇場のチェリスト
レーニンとの会話
ワルシャワのインテルメッゾ
ライプツィヒのクレンゲル先生〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Cellist
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • チェロとわたし 新装版
  • チェロとわたし 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中