ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人を育てる 船村徹情歌の世界

  • 人を育てる 船村徹情歌の世界

ポイント倍率

人を育てる 船村徹情歌の世界

  • 井上安正/著 井上 安正(イノウエ ヤスマサ)
    1944(昭和19)年、栃木県生まれ。県立矢板高校から、1967(昭和42)年、中央大学法学部卒。下野新聞を経て、1970(昭和45)年、読売新聞社入社。1977(昭和52)年、弘前大教授夫人殺し再審の取材・報道で、日本新聞協会賞、菊池寛賞受賞。読売新聞東京本社社会部長、同西部本社編集局長、報知新聞社専務取締役から現在、同社顧問

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-12-004022-1
  • 発売日
    2009年03月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 作曲生活六十年。弟子を厳しく育てつづけた“情”の人―文化功労者船村徹の半生記。
目次
包丁修行から始まる
テレビでしか見られなかった師匠が隣に
早春から初夏にかけては“野”が食卓に
一流体験をさせて学ばせる
シェフに間違われた仕入れ部長
カボチャ解禁
珍味ながらご飯にも合う酒肴・味噌たまご
目を丸くした兄弟子のフライパンさばき
だし汁から揚げ天ぷら…カジカ酒も最高
むいた皮を焼く楽想館流タコ焼き
「生活の知恵」の極致は見た目が悪い!?
野生の食材は何でもお任せ、今市のトラさん
試行錯誤の末できたチキンライス
故郷の名産を語り弟子を和ませる
自家製の七味唐辛子は絶妙な香りと辛みのハーモニー
師匠の合格もらえず三年で挫折した漬け物
多趣味が詞やメロディーを導き出す
師匠への歌への思い、歌とは何かを知る―歌供養
歌手を育てる前に「日本で役立つ人材を育てたい」
私論「船村徹」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

作曲家・船村徹の歌は、人の世、人の情を歌ってきた。彼の人生、そして弟子との厳しくも心温まる交流を描いたノンフィクション。

ページの先頭へ

閉じる

  • 人を育てる 船村徹情歌の世界
  • 人を育てる 船村徹情歌の世界

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中