ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 芸術は何を超えていくのか?

  • 芸術は何を超えていくのか?

芸術は何を超えていくのか?

  • 沼野充義/編 沼野 充義(ヌマノ ミツヨシ)
    1954年生まれ、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻:ロシア東欧文学、現代文芸論。主要著書:『徹夜の塊 亡命文学論』(作品社、2002年、サントリー学芸賞)、『徹夜の塊 ユートピア文学論』(作品社、2003年、読売文学賞)他

  • シリーズ名
    未来を拓く人文・社会科学 15
  • ISBN
    978-4-88713-892-6
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自己、伝統そして越境、一と多を巡る葛藤と交響。自らの「境界」探索による自己確認の行為は、同時に「越境」による自己変容の誘いだ。現代芸術における「独自」と「多様」の激烈な相互作用。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。
目次
はじめに 境界とアイデンティティ、あるいは「一」と「多」の倫理に向けて
1 伝統を求めて(伝統はどのように伝えられるのか?
伝統は誰のものか?
伝統芸能は記録できるのか?
音楽・芸能への「思い」は記録できるか?―『大阪のエイサー』の制作と上映をめぐって
伝統意識はどのように伝統と創造)
2 私とは何か?(人はなぜ自伝を書くのか、読むのか?
人はなぜ、ときに「他者」を「自己」のあらわれとみなすのか?
人はなぜ自画像を描くのか?
人はどのように自画像を描くのか?
陶酔する室内空間と電脳空間)
3 境界を超えて(「祖国」って持ち運べますか?
都市の境界線―プラハのモニュメントをめぐって
翻訳という越境
「方言」は「言語」になれないのか?
文学は世界の闇をどのようにとらえるのか?
《シンポジウム》未来への郷愁―超え行くもの/とどまるもの)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 芸術は何を超えていくのか?
  • 芸術は何を超えていくのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中