ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年

  • いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年

いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年

  • 中川真昭/著 中川 真昭(ナカガワ シンショウ)
    1935年奈良県生まれ。龍谷大学国文学科卒業後、朝日放送に勤務。テレビ、ラジオの編成、制作、報道に携わり1995年退職。大学在学中から児童文学の創作活動を行い、中川晟(なかがわあきら)の筆名で毎日小学生新聞、中国小学生新聞に長期連載。現在、奈良県浄念寺(浄土真宗本願寺派)住職

  • ページ数
    256p
  • ISBN
    978-4-89416-409-3
  • 発売日
    2009年03月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 衝撃のガン告知から生死の問題に真正面から向き合い、お念仏のみ教えに生き、最後には死さえも喜びとして受けとめられた、その生き様に迫る。
目次
序章 あたたかくいだかれたいのちいまかえる
第1章 その日、いのち生かされているときかされた
第2章 「おかげさま」と、いのち見つめるあの日、あの時
第3章 いのちの音が聞こえる。「まかせよ」「はい」
第4章 いのちへのいとほしさにこぼれてくる涙
終章 「信」をえてかがやいたいのち
巻末付録 「かならず会える」―鈴木章子さんの長女・北見真弥さんは、今…

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年
  • いのちの音がきこえる 鈴木章子さんの四十七年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中