ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠

  • 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠

老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠

  • ページ数
    295p
  • ISBN
    978-4-86174-019-0
  • 発売日
    2008年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,100 (税込:2,268

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第2版ではアセスメントの手法と具体的な技術の手順をさらに内容充実させました.フルカラーのイラスト・写真を多数盛り込み,高齢者の自立とセルフケア支援,安全・安楽を目指す看護の実践がわかりやすく理解できる内容となっています.

    ●高齢者または老年期を理解するための基礎知識として,身体的,心理社会的,スピリチュアル的側面からアプローチしています.

    ●アセスメントの概念,展開の仕方,インタビュー法・ツールなど,良質な看護に欠かせないアセスメントについての知識を深めることができます.

    ●老年期の特徴的な症状・疾患の各項では,アセスメントのポイントとその根拠,そこから導き出される看護目標,実践方法,観察,評価の視点,そして健康教育までを図表・イラストを中心に具体的に解説しています.
目次
第1章 高齢者への看護技術の特徴
第2章 高齢者のアセスメントのための看護技術
第3章 生活を援助する看護技術
 経口摂取/排泄の自立/良眠/清潔・身だしなみ/活動/コミュニケーション/リラックス/
 エンパワーメントを高める/介護者・家族への対応
第4章 特徴的な症状をもつ高齢者に対する看護技術
 感覚機能の変調/循環器機能の変調/感染/転倒・転落/尿失禁/うつ症状/認知症/寝たきり
第5章 特徴的な疾患をもつ高齢者への看護技術
 大腿骨骨折/心不全の薬物療法/慢性閉塞性肺疾患の在宅療養/糖尿病のインスリン導入/
 脳梗塞のリハビリテーション/胃がんのターミナル期
第6章 これからの看護技術の展望:安全を確保する看護技術
付録:用語の解説

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
版数 第2版

ページの先頭へ

閉じる

  • 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠
  • 老年看護技術 アセスメントのポイントとその根拠

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中