ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本の希少鳥類を守る

  • 日本の希少鳥類を守る

日本の希少鳥類を守る

  • 山岸哲/編著 山岸 哲(ヤマギシ サトシ)
    財団法人山階鳥類研究所所長。1939年長野県生まれ。信州大学教育学部卒。大阪市立大学理学部教授、京都大学大学院理学研究科教授を経て、2002年より現職。鳥類学と保全生物学の理論・実践両面での牽引車として、新潟大学「超域朱鷺プロジェクト」特任教授、応用生態工学会会長、中央環境審議会委員(野生生物部会長)、コウノトリ保護・増殖(野生化)対策会議座長、トキ野生化専門家会議座長などを勤める。第8回山階芳麿賞受賞(1999)

  • ISBN
    978-4-87698-777-1
  • 発売日
    2009年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,850

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 絶滅危惧種を守ると一言で言うが、何から守るのか、どうすれば守れるのか、原因や方策は様々。実践課題を示す保全鳥類学の臨床編。
目次
1 わが国の希少鳥類をどう保全するか(絶滅種の復活とその妥当性―トキ
絶海の孤島への再導入―アホウドリ
「飛べない鳥」の絶滅を防ぐ―ヤンバルクイナ
生息地保全が大切ではないか?―シマフクロウ
繁殖地放鳥と回復の軌跡―シジュウカラガン
信仰心と法律で守られてきた鳥の保護―ライチョウ ほか)
2 鳥類保全のためのデータブック(鳥の保全に参加しよう
鳥類保全に関する法制度と希少鳥類保全施策の概要)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

『保全鳥類学』(京都大学学術出版会、2007年)の姉妹編。絶滅が危惧される個々の種に関して、保護のための具体的課題と方策を明らかにした。生物学的な問題とともに、現代社会のもつ諸問題、開発、エネルギー、食糧(農業)問題、都市化や過疎化、教育といった問題と密接に関わった形で、具体的な保全の在り方、進め方を明らかにしている。

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本の希少鳥類を守る
  • 日本の希少鳥類を守る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中