ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践

  • 流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践

流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践

  • 和田英太郎/監修 谷内茂雄/編 脇田健一/編 原雄一/編 中野孝教/編 陀安一郎/編 田中拓弥/編 和田 英太郎(ワダ エイタロウ)
    独立行政法人海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター・生態系変動予測プログラムディレクター。1962年東京教育大学理学部卒業。1967年東京教育大学大学院理学研究科博士課程修了。同年11月東京大学海洋研究所助手。1976年三菱化成生命科学研究所室長、1989年、同部長。1991年京都大学生態学研究センター教授、1996年、同センター長。2001年総合地球環境学研究所教授を経て、2004年より現職。これまで困難であった生物界の窒素同位体比の測定を世界で初めて本格的におこない、その海洋・陸域の生物などにおける自然存在比の分布則を提示した。2008年、日本学士院エジンバラ公賞を受賞

  • ISBN
    978-4-87698-770-2
  • 発売日
    2009年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,616

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 環境問題解決に向け科学はどのように社会を支援できるか。琵琶湖-淀川水系での共同調査から環境ガバナンス時代の処方箋を提示。
目次
第1部 流域管理の現状と課題(環境政策と流域管理
流域管理の新しい潮流
空間スケールと流域管理
琵琶湖―淀川水系の課題)
第2部 流域管理とガバナンス(「階層化された流域管理」とは何か
農業濁水問題の複雑性:琵琶湖を事例として
流域ガバナンス研究の枠組みと方法)
第3部 流域診断の技法と実践(流域診断の考え方
水環境への影響
地域社会の変容)
第4部 現場でのコミュニケーション支援(地域社会と水辺環境の関わり
住民が愛着を持つ水辺環境の可視化
農家の環境配慮行動の促進
ツールとしてのモデル・GIS・シナリオ
階層間コミュニケーションを促進する社会的条件)
第5部 流域環境学の発展に向けて(琵琶湖流域から見えてきた課題
淀川下流域と琵琶湖‐淀川水系での展開
琵琶湖から地球環境へ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm

商品のおすすめ

流域ガバナンスを理念とした流域管理のための新しい方法論を、理工学と社会科学の連携による分野横断的なアプローチによって、アジアの代表的な流域管理の事例から学びつつ、琵琶湖‐淀川水系での実践的な調査活動をもとに、時代の要請に応えうる理論と実践を兼ね備えた流域環境学をめざして執筆。こうした流域環境学の成果が、地球環境問題の解決にどのように寄与しうるかということについても触れている。

ページの先頭へ

閉じる

  • 流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践
  • 流域環境学 流域ガバナンスの理論と実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中